PPCはどのくらいの広告費から開始すべきか

PPCはどのくらいの広告費から開始すべきかのページを説明

新着記事一覧

PPCはどのくらいの広告費から開始すべきか

PPCに興味はあるけどまだチャレンジして
いない方は、広告費を最初にどのくらい
かければよいのかわからないですよね。


これはあなたが用意できるだけで
最初はOKです。


ただ最初はテストマーケティングが
必要です。


ではいくらくらいからスタートすれば
よいのか。


月3万円〜5万円くらいがよいです。


更にいえば1ヵ月でこの広告費を
かけるのではなく10日とか半月など


少し短い期間で一気にデータを集めると
効果的です。


予算に達したら広告を一旦一時停止に
してもいいわけです。


その後に何をするのか。


検証をします。
どの商品が売れたのか。


どういうキーワードで広告文が
クリックされたのか。


広告文のクリック率は悪くないか。
ランディングページから販売ページへの
誘導率は7割以上になっているか。


黒字なのか赤字なのか。


ざっと上げただけでもこれだけ
検証することがあります。


広告を出稿しながらもちろん検証を
してもOKです。


広告費があまり用意できない時は、
最初にデータを集めて一時停止にし検証する。


一旦立ち止まることで次に出稿する時に、
凄く色んなことが見えてきます。


更に長くPPCを実施するなら絶対手にして
ほしいのがこちらです。



コンバージョンハンターは必要か


コンバージョンハンターを利用すれば、
どのキーワードや広告文、サイトから
売れたのか把握出来ます。


つまり同じ広告費でも毎月赤字の
部分は一時停止にし黒字の部分のみに
広告費を投入していくことが可能になります。


ただコンバージョンが計れるのは、
コンバージョンハンターに登録されている


商品が対象になるので詳しくはレビューを
ご覧ください。



PPCアフィリエイターの救世主


このようにPPCは広告費がかかりますが、
コンバージョンハンターを利用すれば、


1ヶ月目からでも効率良くデータ収集が
可能になります。


最初に
【銀太郎ブランド】PPC戦略
コンバージョンハンター

を手にしてPPCを開始すると、
無駄な広告費を2ヶ月目、3ヶ月目に
削減しやすくなります。


PPCは広告ビジネスです。


最初は少ない広告費でも、
売上をどんどん翌月の広告費に
まわし売れる商品が発見出来れば


どんどん売上は増加し利益も
増えていきます。


例え1ヶ月目が赤字だったとしても
無駄な広告費を使ってしまったと
思わないでくださいね。


あなただけの貴重なデータが収集できたと
考えてください。


こう考えることで2ヶ月目、3ヶ月目に
黒字に転換することが可能になります。


つまりなぜ赤字になったのか。
検証が大切だということです。


PPCの予算設定もあなたの用意できる
金額ではじめてみてください。


いきなり10万円とか投資する必要は
ないですよ。


まずは月3万円〜5万円くらいから
はじめてみてください。


黒字になるのか。
赤字になるのか。


これはあなたの検証次第です。


原因をきちんと追究すれば、
突破口がみえてきます。


原因を追究せずただ闇雲に商品を
出稿しても無駄な広告費がかかるだけです。


情報教材のPPCは数打てば
当たるわけではありません。


少ない出稿数でもきちんと取り組めば
売れる商品を発見できますよ。


ぜひポジティブにチャレンジして
みてくださいね。

rotation_green03.gif




アフィリエイトブログランキング

ブログパーツ

(09/7/25)

Category PPC

情報教材アフィリエイトで稼ぐレビュー実践記のPPCはどのくらいの広告費から開始すべきかのリンクについて

情報教材アフィリエイトで稼ぐレビュー実践記のPPCはどのくらいの広告費から開始すべきかのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
【ブログアフィリエイトで10万円稼ぐ秘訣講座はこちら】
【メルマガアフィリエイトで10万円稼ぐ秘訣講座はこちら】
【エンタメ通信】アフィリエイトで1000万円以上稼いだ秘訣と手法
【週間人気ページランキングBEST5】
【週間人気ページランキングBEST5】
【1位】:アフィリエイトをはじめた理由
【2位】:物販PPCでYahoo!リスティング広告の審査に通過するには【質問】
【3位】:スーパー素材レビュー&特典【魅力的なヘッドバナーが欲しいあなたへ】
【4位】:ブログアフィリエイトで10万円稼ぐ秘訣講座スタート
【5位】:楽天クリック数の増やし方
アクセスランキング

キャッシング
海外ドラマ